Home

授乳十二体図絵手ぬぐい 新色ご案内
モーハウスイベント応援基金:お産とおっぱい・おしゃべり会
モーハウスイベント応援基金:いいお産の日in鹿児島
モーハウスイベント応援基金:いいお産の日in宮古島
快適お産おっぱいライフのイベント
授乳十二体図絵手ぬぐい

モーハウスイベント応援基金:いいお産の日in宮古島

モーハウスイベント応援基金には4つの団体から助成申請を受けました。
10月14日に審査会が開催され、第1位になったのが、いいお産の日in宮古島

離島でのいいお産の日、とっても興味が有りますよね

審査委員の一人、専門家委員として参加した安田さんが、行ってみたい!と、なんと1泊2日という旅程でいいお産の日に参加しに行ってくださいました。

島でのお産ってどうなんだろう?
助産師さんがお一人いらっしゃる、ということを確認し、基金の目録を携え旅立ちました。

到着するなり、青い海に感激されたそうですよ。


そして、宮古島のおっぱい??

miyako.jpg

会場はマリンセンター 港の2階っていう所もいかにも、ですね。
玄関の看板が、戸締まり用心という感じではなく、明るい家庭からよい子を育てよう、ですから。
シーサーもちゃんと出迎えてくれていますね。

miyako2.jpg,

そして、今回の第1位になったきっかけ。
お産をする場所がなくなり、お産を巡る環境が厳しくなっている中で遠い離島での開催。
そして、島全体でいいお産の日を開催している環境。
高校生のボランティアスタッフがいる、というポイントがありました。
高校生のボランティアスタッフ、と聞いて、きっとおっかなびっくり抱っこしているのだろうなあ、と思っていたのですが。

miyako1.jpg

この余裕。母ではないです。抱っこしているのが高校生。
すっかり安心して眠ってしまっていますね。

***安田さんからのレポートです***
前日2日、3時から会場設営とのことで、マリンターミナルに行ってみました。
島の玄関、港の建物の2階の大広間です。
 
ko-raasu.jpg
主催者の坂本さん他、数人、プラス子どもたちで始まりました。
長机やパイプ椅子を運んだり、舞台を整えたり・・・どこでも同じですね。
でも、壁に画鋲打っちゃったり、両面テープ張っちゃったり・・・何だかゆる!
めぐるさんのモビールや壁飾りが会場を賑わしていきます。
授乳手ぬぐいの一柄ずつの拡大コピーも会場内に張られました。
 


kanrokuninpu.jpg
いつの間にか、男性も何人か、加わって作業しています。
気が付くと、授乳服の試着してたり・・・
ついでに、おっぱいブローチも付けて、授乳体験!ごく自然!
でも、身幅はどうにかなるけれど、肩幅がちょっととのことでした。
男性用授乳服も必要?

しかし、すごい貫禄ですね。

まったくふつーに妊婦姿でたたずんでいましたよ。




 
house.jpg
そのうち、おじいが自作のダンボールハウスを持ってきて組み立ててくれました。
早速、子どもたちは皆その中に入ってしまいます。
 
老若男女入り交じり、何となく進んでいく、このゆるさ、たまらないですね。
 
夜8時過ぎて、ようやく開散。

スタッフは、気に入った試着用授乳服を持ち帰り、当日着用とのこと。
 
当日は、8時より準備開始。
手作りフリマの方達等、前日よりもたくさんのスタッフが集まり、

10時の開始前には、高校生ボランティアの詩の朗読に加え、目録の贈呈もさせていただきました。
 
それぞれの活動は、画像で紹介します。
hyoutan.jpg
手作り小物のひょうたんさん。
子ども抱っこしながら、参加です。

mano.jpg
アーティスティックなmanoさん。
ベビー用の小物やポストカードなどとてもおしゃれでした。
南国!な雰囲気なたたずまいのmanoさんも素敵です。

yokatta.jpg
使ってよかった。用意してよかった子育てグッズの紹介コーナー。
使ってよかったポイントも手書きで展示していました。


bebyma.jpg
ベビーマッサージのコーナー。
宮古島の子どもはとても元気!
ママもとても楽しそうに参加していました。

koukou.jpg
高校生の託児コーナー。
女の子だけでなく、男の子も赤ちゃんの扱い、とても自然です。
島の子ども達はこうやって穏やかで懐深い大人になっていくんでしょうね。
このアイデア、本当にすごい!

dansininpu.jpg
前日の貫禄妊夫に続いて、男子高校生妊夫登場!
男の子も臆する事無く妊婦体験中でした。

letsbunben.jpg
安産のお守りのたから貝。
レッツ分娩ってすごいキャッチ。
まあるく手のひらにすっぽり気持ちよい感じに入ります。
もしかして、あの腰の痛いときのマッサージにも使える??!


紹介したコーナーはごくごく一部ですが、とても活気に満ちた一日でした。
 
最後は、坂本さんの三三七拍子で締め。
本当に楽しい2日間でした。
DSCF0592 修正 JPG.jpg

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ