Home

全日本おっぱいサミット 2017 開催報告
【おっぱい百話】マタニティウエアと授乳服
全日本おっぱいサミット 男性の反応
全日本おっぱいサミット盛会でした!
【おっぱい百話】おっぱいの地域性
【おっぱい百話】おっぱいと福島
【おっぱい百話】日本母乳哺育学会・学術集会で考えたこと
【おっぱい百話】富山のおっぱい事情
【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行
【おっぱい百話】世界母乳週間

全日本おっぱいサミット 男性の反応

1月3日に開いた「全日本おっぱいサミット」。
モーハウスではなく、ミツハタ個人が、連載いただいた「ぴあ」編集長や
ライターのちかぞうさんや今一生さん、母乳110番の竹中恭子さんたちと
楽しみながら、でも「おっぱいのノーマライゼーション」をテーマに開催。

こんなタイトルにしたのは、「母乳」には興味がない若い世代や男性にも
「興味本位で」来てもらいたいなーと思っていたから。
残念ながら、やはりそうした世代、ちょっと恥ずかしいと思ったのか
大挙しての来場ではありませんでしたが、少数ながらも大学生の姿もあり。

そんな中、実は私たちメンバーはボランティアの悲しさで
まだ正式写真が出せてないのですが、すでにたくさんのブログでご報告いただきました。
そのいくつかを3日の私のブログでご紹介しています。

特に、私もメンバーも嬉しかったのは、男性エンジニア悠才さんのブログ
面識はない方なのですが、ホントに「興味本位で」参加されたそう。

許可を頂いたので、少しご紹介します。


「このイベントに参加した理由は、
『全日本おっぱいサミット』というワードのインパクトだけでした。」という彼。

残念ながら、最初の津田大介さんのパートは、道に迷って遅れたとのことで
書かれていないのですが(津田さん登壇は目玉だったのに!)、
おっぱい有識者のトークを聞きながら

「しかし、実際イベントに参加してみると社会に根差す
『授乳問題』に気づく良い機会になりました。」

そして、

「・・・その後は待ちに待った授乳ショーが始まりました。

小さな赤ん坊を抱えたお母さん方が舞台袖から出てくるのかなと思っていたら、
なんと客席からの登壇!笑
しかも、イベントの最中にも授乳をしていたらしい。

僕の隣に座っていた方も登壇してましたが、
まさか授乳してたなんて・・・全然わからなかったです。」


授乳服を身にまとったお母さん方の公開授乳シーンは一言で表すと
『え、本当に授乳してる?』という驚きしかありませんでした。」

「この状況をおっぱいカメラマン伴田さんの言葉を借りると、
まるでマジックを観ているようでしたね。」

今までおっぱいをエロいコンテンツと限定的に捉えていた自分にとって、
おっぱいの持つセクシャル以外の側面を知れたこと(というか気づいたこと)は、
とても大きな意識の変化だと感じています。」

「また、このイベント中『おっぱい』というワードを何度も聞いたし、
おっぱいの写真もたくさん見たのですが、

全くエロい感情が湧いてこなかったんですよね。」

「こんなことは初めての経験で、そういう自分に素直に感心しています。

不純な動機で参加したイベントですが、色んな発見や自分の中の意識の変化が
あったりして、参加して良かったなと強く感じました。」


ノーマライゼーションとは、

「障害者と健常者とが、お互いが特別に区別されることなく、
社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方」
(wikipediaより)。

私は、授乳する母親を単に配慮してください!と訴えるだけでなく、
まったく縁のないジャンルの人たちも「お互いに」(←ココ大事)

理解し合えるというのが大切だと思ってきました。

?

だから、今回の議論のきっかけとなった女子大学院生による

「公共の場での授乳への違和感」も決して否定できないし、

男性の視点も、なかったことにはできない。

まして、子育てか仕事か選ぶしかなかった女性たちの視点も否定できない。

この問題は、大学院生が悪いのでも男性が悪いのでもなく、

社会やメディアがこうした視点を作ってきた結果です。

?

私自身は、今でこそこんな仕事をしていますが、

もともとは、比較的彼らに近い感性を持っていたと思います。

だからこそ、さまざまな捉え方を否定したくない。

だからこそ、授乳していることをできるだけどんな感性の人にも

違和感なく受け入れさせることができる「授乳服」に行きついたのだと思います。

(授乳の権利を!といった社会運動ではなく、

授乳を意識させる授乳ケープではなく)

?

?

お互いがお互いの背景や考え方を知ることは、

ノーマライゼーションに、そして

お互い心地よく過ごせることにつながるのだと思います。

?

そんな変化をまさに追体験できるブログでした。

悠才さん、ご紹介ありがとうございます!

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ