Home

全日本おっぱいサミット 2017 開催報告
【おっぱい百話】マタニティウエアと授乳服
全日本おっぱいサミット 男性の反応
全日本おっぱいサミット盛会でした!
【おっぱい百話】 サミットが外務省公式イベントに
【おっぱい百話】 イベント:あなたの知らないおっぱいの世界
おっぱい百話】 おっぱいと出版記念パーティ
【おっぱい百話】 おっぱいとお誕生日
【おっぱい百話】おっぱいの地域性
【おっぱい百話】おっぱいと福島

【おっぱい百話】 おっぱいとお誕生日

10月1日は誕生日でした。

スタッフからサプライズのお祝いもしてもらい、また、
Facebookでも、たくさんのお祝いメッセージを頂きました。

誕生日が楽しみな子どもの頃からはずいぶん年月が流れましたが、
やはり祝われるのは嬉しいものですね。

さて、ひるがえって、子どもの誕生日。
1歳の誕生日が近づくと、出てくるのがおっぱいはいつまで?の問題です。

1歳を目安に断乳、なんて言葉が使われていた時代からずいぶん経っていますが
いまだに、1歳で断乳と思い込んでいる方は多いです。

周りから「そろそろやめる?」という声もかけられたりする頃ですね。

ただ、ユニセフ・WHOでは2歳までということが明記されていますし、
母子手帳の表記も、それに合わせて変わっています。

実は、昭和の後期は、厚生省(今の厚生労働省)は、離乳の完了時期を通常12~15か月頃、遅くとも18か月頃と指導していました。1歳くらいで母乳をやめる、という間違った常識は、この頃の影響ですね。

しかし平成14年から、母子健康手帳から「断乳」という言葉がなくなりました。


ユニセフとWHOは

「生後6カ月まで完全母乳育児を行い、その後は適切な食事を補いながら、2歳かそれ以上まで母乳を続ける」

ことを推奨しています。

 

ユニセフやWHOが2歳以上までの授乳を推奨するのは、

母乳に含まれている免疫成分で、新生児が死亡を防ごうという理由からです。

 

もちろんこれは、国民全体の栄養事情がよくない途上国を念頭に置いての推奨ですが、

日本でも、今では、母乳の栄養的価値が見直されていますし、

またスキンシップのためにも、1歳以降も無理に母乳をやめさせなくて良いという考え方が主流になっています。

 

実際、完全離乳の時期は、昔よりも遅くなってきているそうですし、

私の身の回りを見渡しても、2歳前後のお子さんがいらして、

働きながらも夜は母乳、という方が珍しくなくなってきました。

彼女たちに聞くと、母乳を続けている方が、親子共に安心感があったり

楽だったり、ということもあるようです。

 

もちろん、卒乳の時期は親子で決めていくことですが、

1歳の誕生日で断乳、という「常識」は過去のものであることをまず知っておくと

より選択肢が広がってくるかなと思います。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ