Home

おっぱい大使任命
おっぱいサミット、無事終了。ありがとうございました!
ルーベンスとおっぱい
おっぱいというワードへの抵抗感
5時に夢中!
カナダのDeborah Chan先生にモーハウス賞を
国際母乳哺育学会(ISRHM)にブース出展
全日本おっぱいサミット
【おっぱい百話】防災の日
世界母乳週間動画

【おっぱい百話】 おっぱいと出版記念パーティ

日、つくばショップでよくプチ講座を野講師をしてくださっている先生の
出版記念パーティーで、挨拶をさせていただきました。

彼女がモーハウスに来たのは12年前、最初のお子さんを連れてユーザーさんとして。
その後、看護師としての経験と子育ての経験を生かして、ベビーサインを教え、
今は心理カウンセラーとしても活躍されています。

ずっと授乳服も愛用して下さり、その後お子さんも3人となり、
でも(おそらくはおっぱいの力もあり!)ずっと仕事も続け、
むしろ、活動の幅を広げてこられ・・

私の中での彼女の印象は、いつも授乳服を着て赤ちゃんを抱っこしている様子。

それは、私から見ると、
子育て・授乳という困難を乗り越えて、というイメージではなく、
子育て・授乳があったから、今がある、というイメージなのです。

私がモーハウスで伝えたいことは、お母さんの可能性の広さ。

子どもを産んだら諦めなくてはいけないことがたくさんある、と思いがちだけど
そうではなく、むしろ広がっていること。

まさに、それを体現されている彼女の出版、本当に私も嬉しく、
そんなことをお話させていただきました。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ