Home

【おっぱい百話】おっぱいの地域性
【おっぱい百話】おっぱいと福島
【おっぱい百話】日本母乳哺育学会・学術集会で考えたこと
【おっぱい百話】富山のおっぱい事情
【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行
【おっぱい百話】世界母乳週間
【おっぱい百話】おっぱいと夏休み
【おっぱい百話】おっぱいと経済番組
【おっぱい百話】被災地のお母さんへ
【おっぱい百話】おっぱいはポイントカード

【おっぱい百話】おっぱいと福島

先日、3月11日を前に福島に行きました。

さて、福島では、「ままどおる」というお菓子が有名です。
青山ショップの店長は福島出身なのですが、
彼女いわく、「ままどおる」とおっぱいは関係があるとか。

実は「ままどおると」は、スペイン語で"お乳を飲む人々"の意味だそう。
ほんのり甘い焼き菓子で、洋菓子のようで白あんが入っています。
やさしい味と姿は、そのイメージにぴったりです。

福島をはじめとした被災地にも、日本のあらゆるところにも
こんな風にあたたかい母子の姿が増えていきますように。


ミルクの味=ママ。
おっぱい味のお菓子ともいえます。
そんな銘菓のある福島は、いまだいえない災害の爪痕が今なお残っています。

震災後の復興が注目されていますが、先日、立ち入りが制限されている
地域も含めて福島を、被災6年目を目前に視察する研修に参加しました。

ここで生まれ育った方たちの生々しいご経験や思いも伺えました。

勉強会の様子はこちらから。
https://goo.gl/GKqZez

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ