Home

【おっぱい百話】日本母乳哺育学会・学術集会で考えたこと
【おっぱい百話】富山のおっぱい事情
【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行
【おっぱい百話】世界母乳週間
【おっぱい百話】おっぱいと夏休み
【おっぱい百話】おっぱいと経済番組
【おっぱい百話】被災地のお母さんへ
【おっぱい百話】おっぱいはポイントカード
【おっぱい百話】おっぱいと速乾性
【おっぱい百話】父の日とおっぱい

【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行

働く母乳対談でもご一緒した、産婦人科医・宋美玄さん。
彼女のツイッターが話題になっていましたね。
ある妊娠中の有名人の方の「産前旅行、駆け込みぎみで計画しています」
という発言を受け、産婦人科医であり子連れ旅行の達人でもある宋さんが
「こういうインタビューはやめてー!」とつぶやいたそうです。
妊娠中の旅行は、体調の変化で思わぬリスクがあります。
台湾の妊娠中の方が沖縄旅行中に体調が急変し、妊娠8か月で出産。
その代償として600万円の医療費が発生したニュースも記憶に新しいかと思います。
産前にお出かけも、体調がよければいいのですが、絶対ということはなく、
あまり「駆け込み的に計画する」のは産婦人科医としても、同じ女性としても黙認できなかった様子。
そして、駆け込み的に計画する心理の裏には
「出産したらどこにも行けない」「子連れだと外出できない」という
思い込みがあるから。
その宋さん、今1歳になるお子さんとハワイ旅行を楽しんでいるつぶやきがツイッターにあげられています。
そのメッセージは赤ちゃん連れの旅行は楽しいよ! というメッセージかと。
もちろん、その際の強力なツールはおっぱい。
しかも、その荷物の小ささにも注目。
おっぱいだと荷物が小さくてすみますね、と、対談の際にお話ししたことを思い出しました。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ