Home

【おっぱい百話】日本母乳哺育学会・学術集会で考えたこと
【おっぱい百話】富山のおっぱい事情
【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行
【おっぱい百話】世界母乳週間
【おっぱい百話】おっぱいと夏休み
【おっぱい百話】おっぱいと経済番組
【おっぱい百話】被災地のお母さんへ
【おっぱい百話】おっぱいはポイントカード
【おっぱい百話】おっぱいと速乾性
【おっぱい百話】父の日とおっぱい

【おっぱい百話】ロンドンのおっぱい

公共の場での授乳の議論が今年早々ニュースなどで扱われ、

モーハウスの電車内授乳の動画が引合いに出されたりしました。

公共の場での授乳ニュースをチェックしていたスタッフと

同じ話題を執筆中のライターさんから、同時にこんなニュースが。

デモなどではなく、こんな表現となるのが、さすがロンドン。

そのニュースとは、、、

先月26日、母の日に絡めて、乳房の形の巨大バルーンが出現。

ロンドンを拠点とする広告会社マザーロンドンが、イギリスの母の日にロンドン市内で展開した啓蒙プロジェクト #FreeTheFeedだそうです。

授乳に自由を! モーハウスの取材でも使っていただいたことがあるフレーズです。

公共の場での授乳を注意されたことへの反対運動は、

世界各地でしばしば起きています。

日本でも、デモなどになることこそありませんが、

ネット上での炎上も、つい最近も起こりましたよね。

確かに、赤ちゃんは母乳を飲む権利、母親には与える権利はあるのだけれど、

いろんな立場の人、いろんな考えの人がいるのも、確か。

絶対反対、絶対賛成、という運動ではなく、アートでメッセージを発信というのは、いいなと思います。

実は私も、モーハウスの子連れ出勤や授乳ショーは、

一種のアート活動だと思っていたりします。

このバルーンには、こんなメッセージが付せられました。

It's hard to believe that in 2017 UK mothers still feel watched and judged when feeding in public, by bottle or breast.


This was our Mother's Day project. A celebration of every woman's right to decide how and where they feed their children without feeling guilty or embarrassed about their parenting choices.

#FreeTheFeed

2017年の今でさえ、公共の場での授乳が、ほ乳瓶でも母乳でも、じろじろ見られたり非難されるなんて信じられません。

これは私たちの「母の日」プロジェクトです。全ての母親が、いつでもどこでも、恥ずかしさや後ろめたさを感じないでわが子に授乳できる権利を祝いましょう。

#FreeTheFeed (授乳に自由を)

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ