Home

【おっぱい百話】おっぱいの地域性
【おっぱい百話】おっぱいと福島
【おっぱい百話】日本母乳哺育学会・学術集会で考えたこと
【おっぱい百話】富山のおっぱい事情
【おっぱい百話】おっぱいと産前旅行
【おっぱい百話】世界母乳週間
【おっぱい百話】おっぱいと夏休み
【おっぱい百話】おっぱいと経済番組
【おっぱい百話】被災地のお母さんへ
【おっぱい百話】おっぱいはポイントカード

【おっぱい百話】 羽織ものとおっぱい

衿ショールを最近愛用中

2月になり、季節はずれの暖かな日も増えてきましたが、
夜はやはり肌寒いというパターンが多いですね。

そんな、気温が読めない中、ここのところ都内に出る日も多く、
活躍しているのが、衿ショールです。


私は肩こり改善のために、ショルダーバッグでなく
両肩にかけられるリュック型のバッグを使っているのですが、
その上からでもきれいに羽織れるので、気に入っています。
赤ちゃんの代わりにバッグを背負ってる感じですね。

モーハウスブラは、からだへのやさしさが気に入って、
授乳が終わっても使い続けてくださる方が多いです。
まさに、授乳がきっかけで、生活スタイルが変わる、というパターン。

子育てや授乳は大変と捉えられがちだけど、実はいろんな意味で、
子ども以外の部分でも、生活を豊かにしてくれる好例だと思います。

授乳服は普段は不要な穴があいているわけですが、
それでも着心地が良い、と着続けて下さる方もいらっしゃいます。
そういう意味では、衿ショールもまさに、そう。

日本の文化である和服にインスパイアされたような
このコートとショールの間のようなアイテムに、
授乳がきっかけで出会っていただけたなら、
10年くらいは着ていただきたいなあと思います。

貧乏性なので、一粒で二度も三度もおいしい、というのが嬉しい私。
授乳や子育てをきっかけに、せっかくだからいろんな経験や新しい世界を
知る、という二度・三度のおいしさも大変してほしいです。

衿ショール
http://shop.mo-house.net/fs/mohouse/c/gr84

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ