Home

【おっぱい百話】ふるさと納税とおっぱい
【おっぱい百話】 おっぱいとドゥーラ
【おっぱい百話】 ?おっぱいと黄金比
おっぱい百話 おっぱい=伝統と革新
【おっぱい百話】 おっぱいと岡山
【おっぱい百話】 かぼちゃとおっぱい
「そなえる」とおっぱい
保健センターでの講習とおっぱい
【おっぱい百話】おっぱいと液体ミルク
おっぱいと授乳クッション

【おっぱい百話】 おっぱいは眠い

の風邪、とにかく眠くて、毎日10時前には眠っています。
昼間もなんだか眠くて、許されれば昼寝をしたいくらい。
あれ、この感じ、子育て中もそうだったような?

授乳中、すごく眠い!という体験をされた方はありませんか?
私もその一人で、授乳を始めたとたん、とにかく眠くなる。
まるで薬を盛られたようだわ?と思っていたら、その通り。

母乳に関わるホルモンのうち、プロラクチンには
眠気を引き起こす作用があるのです。

授乳期は、赤ちゃんのおむつ替え、抱っこ、おっぱい、と忙しくて疲れる時期、
その分、夜も昼も、いつでも眠るの歓迎、というモードに体がなっているのです。
自然はよくできていますよね。

さらに、母乳自体にも秘密が。
母乳中のたんぱく質が消化酵素によって分解されたのがペプチド。
ペプチドには、神経を鎮静化する働きがあるのです。
つまり、赤ちゃんが落ち着く作用がある=泣かない、眠る!?

母乳は、お母さんががんばるためのものではありません。
母乳は、お母さんが楽をするためにあるのだ!ということが
よくわかりますよね。

世のお母さんたちは、「母乳をがんばる!」でなく
「母乳で楽するぞー」と思っていただきたいです。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ