Home

【おっぱい百話】ふるさと納税とおっぱい
【おっぱい百話】 おっぱいとドゥーラ
【おっぱい百話】 ?おっぱいと黄金比
おっぱい百話 おっぱい=伝統と革新
【おっぱい百話】 おっぱいと岡山
【おっぱい百話】 かぼちゃとおっぱい
「そなえる」とおっぱい
保健センターでの講習とおっぱい
【おっぱい百話】おっぱいと液体ミルク
おっぱいと授乳クッション

【おっぱい百話】 母乳率のニュース

国内での母乳のみで育てた母親の率が50%超えたと
いうニュースが先日流れました。

「授乳期に母乳のみで育てた保護者は生後1カ月と3カ月で、
ともに調査開始以来初めて5割を超えたことが、
厚生労働省が24日に公表した2015年度乳幼児栄養調査結果で
分かった。粉ミルクと両方を与えた保護者も含むと8?9割に上り、
厚労省は「母乳育児を推進する普及啓発の成果」と分析している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000078-jij-pol

私は最初の出産で、生まれてきた子どもが集中治療室に入院したことで
母乳ではとても苦労し、ほぼ粉ミルクで育てました。

二人目でようやく母乳育児ができ、ようやくコツがわかり、
母乳って体質じゃないんだ、環境次第なんだなあ、と悟った私。

母乳が勧められながらも、当たり前に母乳で育てられる環境は、
厳しくなっている部分も多いなあとは思いますが、
一方で良くなっている部分もあります。

このニュースを見て、ああ時代が変わったなあと嬉しい気持ち半分、
50%ってことは、
母乳が出ないのは自分のせい、と悩んでいる人も多いんだろうなあという気持ち半分。

母乳の記事を記者の方が書くと、
「粉ミルクで育てる人への配慮なしに、こうした記事を書くべきではない」
といった意見が、必ずと言っていいほど出るそうです。

この記事も、事実を淡々と伝えているだけなのですが、
それでもこうした批判にさらされるのかもしれません。
粉ミルクで育てることに過度に罪悪感を持ってしまう人がまだまだ多いということでしょう。

そして、そうした人たちに「配慮」して、母乳の正しい情報が報道されないのは
もったいなく、残念でなりません。

もちろん、重い病気にかかっているなどの状況で、母乳を与えることができないお母さんはいます。
でも、正しい情報とサポートがあれば、母乳が出たはずの人はたくさんいます。
それは、私自身の三人の子の三者三様の粉ミルク・母乳育児の経験からも
これまでのモーハウスや学会での経験からも感じていることです。

母乳でも粉ミルクでも、栄養的には問題ありません
もちろん母乳の秘密はすべて解明されているわけではありませんが)・

粉ミルクは、人に頼みやすいという面では楽だけど、いちいち作らなくちゃいけないのが大変。
母乳は、軌道に乗るまでの間は大変だけど、その後はお母さんが楽で、毎月1万円節約できる。

結果的にどうなったとしても、お母さんには適切な情報とサポートがされ
気持ちもからだも、楽に子育てを、皆が楽しめれば、と思います。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ