Home

【おっぱい百話】ふるさと納税とおっぱい
【おっぱい百話】 おっぱいとドゥーラ
【おっぱい百話】 ?おっぱいと黄金比
おっぱい百話 おっぱい=伝統と革新
【おっぱい百話】 おっぱいと岡山
【おっぱい百話】 かぼちゃとおっぱい
「そなえる」とおっぱい
保健センターでの講習とおっぱい
【おっぱい百話】おっぱいと液体ミルク
おっぱいと授乳クッション

【おっぱい百話】 おままごととおっぱい

5795b030-56e8-45db-b83b-688c0abd2548

週末は、クラウドファンディングのイベントでした。
私は、いくつもの事業を起こし、著作も多い家入一真さんとの対談で参加。
彼の『15歳のための起業家入門』は私もスタッフに薦めたこともある本です。

思いがけず、彼も今赤ちゃんがいて、こんな服がほしいなあと思っていたとのこと。
絶対必要ですよね!と語ってくださいました。
社会起業などについて、と思っていたのに、全く予想外の子育て論に話が進行。
打合せなしでのトークというのも面白いものですね。

さて、クラウドファンディングですが、
モーハウスでも、スタッフからの発信「子ども用授乳服」のプロジェクトで参加しています。

?

市販の赤ちゃん人形には、よくほ乳瓶が付いてきます。
子どもたちは、無意識のうちに、ほ乳瓶を使っておままごとをするわけです。
これでは子どもたちは、子育ってほ乳瓶でするもの、と思い込んでしまうかもしれません。

一方で、ユニセフ/WHOでは、お母さんが望むように母乳で赤ちゃんを育てるためには
産院などでのミルクやほ乳瓶の広告はよくない、と、禁止しています。
母乳育児の団体では、授乳室のマークがほ乳瓶になっていることにも神経を尖らせています。

なんだかやり過ぎに思えるかもしれませんが、
実は海外の多くの国では、粉ミルクは処方箋が必要というくらい厳密。
粉ミルクを身近に感じさせる社会が、母乳育児を妨げていて、
その結果お母さんが母乳が出ない、と悩むことになるとしたら?

ところが、その一方で、子どもたちへのおもちゃには、当たり前にほ乳瓶が使われていて
それ以外の選択肢がない状況です。
このクラウドファンディングは、そんな現状への問題定義です。

たとえば、高校の家庭科。
以前は男子は技術、女子は家庭科、と別れていたのですが、
今は高校の家庭科の授業は、男子も受けています。

育児や家事に当たり前のように関われる男性が増えてきたのは、
この教育の影響もあるのかもしれません。
どんな風に学んできたか、どんな風に生活してきたかというのは思った以上に大事ですね。


もちろん、着てみたい!着せたい!という方のために
母子おそろいの授乳服もプランしています。
ぜひ応援&拡散いただければ嬉しいです!


▼子ども用授乳服製作プロジェクトは、こちら

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ