Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ

進学に際し、看護の道を選んだ次女。
入学式でお話した先生方は、聖路加のご出身で
思わず、娘が生まれた時のことを思い出しました。

産院の入院中、聖路加の助産学生さんが実習でいらしていたのです。
ありがたいことに、彼女たちはちょくちょく様子を見に来てくれ
何かお手伝いは?と声をかけてくれました。

助産学生さんだから、母乳マッサージかなあ?と素人ながらに思ったのですが、
それよりこっているのは、背中。
そこで、彼女たちに、胸じゃなく背中をマッサージしてもらったのです。

でも、実はこれは正解だったかも、と今にして思います。

まず、母乳というのは血液と同じですから、血行がよくなれば出も良くなる道理。
からだのこりをほぐせば、血行もよくなりそうです。

そういえば、母乳が出るツボは、肩こりのツボと同じ、とも聞いたことがあります。
(真偽は不明ですが・・)

もうひとつ、母乳がスムーズに出るために大切なのは、ストレスをためないこと。
ストレスは、母乳を作るホルモン オキシトシンの分泌を妨げるのだそうです。

緊張したり、いらいらしているより、のんびりくつろいでいる方が
母乳が出が良いのを経験された方もいらっしゃるでしょう。

体をマッサージしてもらいたい!と思ってお願いしたのは、
意外と正解だったなーと思います。

疲れた時は、ちょっと贅沢してマッサージを受けたり、
ご家族に肩をもんでもらうと良いかもしれませんね。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ