Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒

お雛祭りの今日、初節句というお家も多いのではないでしょうか。
わが屋は今年もひな人形を飾り忘れ・・!

雛ずしや雛あられなど、食べ物のみでお祝いになりそうです。

ひな祭りと言えば甘酒。
実は、甘酒とおっぱいは、よくセットで語られるようです。
?
いわく「飲むと母乳がよく出るようになるらしいよ」
いわく「アルコールが微量とはいえ含まれるから大丈夫かしら」
?
?甘酒は、酒粕から作られたものと米麹からできているものとがあります。
酒粕の甘酒はアルコールが入っています。
母乳がよく出る、という文脈は、アルコールが体に入ることで
血行が良くなる→母乳は血液なので、出が良くなる感じがする、
ということなのかもしれませんね。
?
今は、アルコールは原則授乳中は避けましょう、となっているので
(甘酒のアルコールは微量でありますが)、
おすすめは米麹からできた甘酒。
私も、米麹の甘酒はクセが少ないし、米粒の触感があったりして好きです。
?
甘酒はそもそも発酵食品で、アミノ酸やビタミンも豊富。
飲む点滴とも言われているそうです。
?
体も温まるし、栄養も取れるし、水分も取れるとなると、
確かに、体調がよくなる→母乳の出が良くなった、と感じられるのでしょう。
いずれにしても、薬局でドリンク剤を買って飲むより、ずっと良いですよね。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ