Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長

年末に取材を受けた、私と娘との親子での取材記事が、
ちょこちょこいろんな新聞に出ているようです。
先日は、Japan Timesに出てたよ、と友人からメールがきました。

中身は、働くお母さんって子どもに申し訳ない、と思いがちだけど
子どもは、親が思うほど、親を責めたりしていないよ、
働く母を見ていた子どもはこんな風に育つから大丈夫だよ、という記事。

この時、娘はスリランカに行っていて(ちょうど今日帰ってきたところです)、
あちらでインターンシップをやっている様子など、
気負わないしなやかなマインドを持てた例として、
他の同世代のお子さんと一緒に紹介されています。

おっぱいで育てて良かったなあと思うのは・・・・・


抱っことおっぱいって、スキンシップが労せずたくさんできるということ。
忙しくて子どもといる時間が少なくても、
あえて「スキンシップを取らなくちゃ」と思わなくて良かった。

実は今回の記事の長女は、小さく生まれた関係で哺乳瓶育ちでしたが、
おっぱいの飲み方も後でどうにか覚えたのと、
私も動き回るのにだっこの方が楽でいつも抱っこしてたので
まあ労せず子育てできたかなーと思います。

たくさんのお母さんが、できるだけ楽に、できるだけ楽しく子育てをして
その結果として、子どもも生き生きと育ってくれるといいですよね。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ