Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

北京のおっぱいニュース

中国でも授乳服必要なんじゃない?と、友人からメールで知らされたこちらのニュース。
?
スクリーンショット (14)
公共の場での授乳の賛否は、日本を含め、いろんな国で議論になりますね。
以前は、公共の場での授乳は法律違反だった国もありましたが、
最近では、先進国から認める方向になっている感じがします。
中国は粉ミルクの人も多く、これまでこんなこともなかったのでしょうが
最近では政府が母乳の推奨を進めていることもあってか、
先日お会いした北京の一流大学出のお母さんも、
2歳までは飲ませますよ、私の周りも皆そうよ、とおっしゃっていました。
?
一方でこんな議論が起こる。ユニセフが乗り出して謝罪となったようですが
どこでもお互い配慮しながら授乳できる世の中になってほしいですね。

2015年12月1日、北京市の地下鉄で赤ちゃんに授乳していた女性の写真を撮影し、インターネット上にアップロードしたユーザーに批判が集まっている。

華商報によると、27日午後、あるネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に地下鉄車内で赤ちゃんに授乳する女性の写真をアップロードし、「地下鉄でこんなことしていいと思ってるのか?そうそう、あんたは忘れてるだろうから教えてあげるけど、ここはあんたの村のバスの中じゃなくて、北京の地下鉄の車内だからな」などと書き込んだ。その後、北京の公益団体が「公共の場所で性器を露出しないように」との見出しでこの写真を伝えたことで、ネット上で議論になった。

ネットユーザーのコメントの多くは、写真をアップロードしたネットユーザーと団体に対する批判や、女性に理解を示すものだった。これを受け、同団体は29日に謝罪している。女性はその日、3カ月の娘を病院に連れて行った帰りだった。女性の夫は、「子どもは一度にたくさんのおっぱいを飲めないので、地下鉄の中でお腹を空かせて泣きだしてしまった。妻はどうしようもなくて、その場で授乳することにしたんです」と説明する。夫は、妻が授乳している写真を加工もせずにアップロードし、攻撃的なコメントを残したネットユーザーに怒りを覚えており、撮影したネットユーザーと団体などを相手に法的措置をとることを検討している。

一方、騒動後しばらくは「書き込みは削除しない」としていたネットユーザーは、30日午後になり、「あの女性に対して、ここに深くおわびしたい。謝罪は圧力によるものではなく、考えを改めたから。私はあの女性の行動を理解するべきでした。ごめんなさい」などとする謝罪文を投稿している。この問題は、国連児童基金(ユニセフ)も注目しており、「母乳は赤ちゃんにとって最も自然で健康的な完全食品で、代替が効きません。その場ですぐに授乳することは、すべての母親と子どもの権利です。それが公共の場所であってもです。社会全体が母乳による育児を応援すべきです」とコメントしている。(翻訳・編集/北田)

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ