Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいとインフルエンザ

インフルエンザなど、感染症が気になるシーズンですね。?
お母さんがインフルエンザに罹ったら、母乳はどうすればいいのでしょう?
母乳を通してインフルエンザが赤ちゃんにうつるのでは? という心配をされる方もあるようです。
でも、「マスクをしましょう」という対策でもわかる通り、 インフルエンザの感染はウィルスを吸い込むことによるもの。?
母乳からうつるわけではありません。 もちろん、いずれにしても、手洗い・うがい・マスクなどの対策は講じましょう。
また、もう一つ心配になるのが、薬。 薬を飲んでいる間は母乳をとめてください、といった
指導をされるお医者様もまだまだいらっしゃいます。
実際に試したことがある方はおわかりのように、 人のからだですから、
その時だけ都合よく止める、というわけにもいきません。
お母さんのからだにも、赤ちゃんにも負担がかかります。
薬については、以前小児科医の堺武男先生に伺った通り 特殊な薬を除いては、問題ないそうです。
とくに、離乳食も始まっているようなお子さんであればなおのこと影響は少ないです。
それでも心配、という方は、おっぱいを飲ませてから薬を飲む、 という形をとると、より影響が少ないでしょう。
体や心が弱っているときこそ、母乳は味方にもなり得ます。
むやみに怖がらなくて大丈夫、ということも知っておけるといいですね。

っc

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ