Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいの社会的利益5〜会社への影響が少ない

おっぱいは、社会にとっても利益がある! ということを何度かに分けて挙げてきましたが、 ご紹介の最後は、「会社への影響が少ない」こと。 予防医学的な視点と似ていますが、 子どもも、また将来的には親も、病気になりづらいので、 つまり、子どもを持つお母さん(場合によってはお父さん)が 仕事を休むリスクが少なくなります。 会社として、急なお休みに備えておく危機管理は必要ですが、 そうしたイレギュラーは、実際には起こらない方が業務はスムーズです。 つまり、働くママの母乳育児を支援することは、 廻り回って、企業のメリットになるわけです。 たとえば、休み時間に搾乳をするための配慮や もし保育所が近くであれば、途中で授乳に行けるような配慮 (これは少数かもしれませんが、医療系や保育系だと可能かもしれません)をすること。 こうしたことを、「本人の単なる希望」ではなく 「会社にとってもメリットがある」ととらえて 企業も社会も取り組んでいただけると、より子育てがしやすい世の中になるのではないでしょうか。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ