Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

産前のおっぱいのお手入れ

よく、産前におっぱいのお手入れを、と聞きますね。
陥没乳頭の場合は、特に産前から、と言われるかと思います。
実は私は、ほとんどこれをやった経験がなく...

今回は、この件がクリアになる発表を聞いて来ました。

私の場合、一人目妊娠中のトラブルもあり、できるだけお腹に赤ちゃんを置くために、
刺激を避けたということもあるのでしょうが、
マッサージなどの指導はされませんでした。

たまたまかどうか、その後も、かかった病院でも助産院でも
「マッサージやお手入れをやりなさい」とは言われなかったのと、
さらに、妊娠・出産に関する本も読まないようにしていたので
こうしたメッセージとは無縁。もちろん何もやらないで来ました。

ただ、多くの本には「産前のおっぱいのお手入れ」のことが書いてありますし
「やらなかった」ことで罪悪感を持っている人がいらっしゃると思います。

学会で私が聞いた中で、これに関するお話。
ユニセフ/WHOでも、1989年には産前の乳首の手入れは推奨されていましたが、
現在は、陥没乳頭の場合であっても、産前の手入れの推奨は
ガイドラインにはなくなったそうです。
1994年には「陥没乳頭へのブレストシェル、乳頭マッサージは、
母乳育児の成功に関連がない」という論文が出ており
このあたりが転機になったようですね。

では、産前の準備としてそれよりも重要なのは、何か。
母乳で育てられる、という自信を持つことだそうです。
母乳で育てた先輩の話を聞いたり(楽しく母乳生活を送っている方に!)
母乳が出るメカニズムを知って、私も大丈夫という自信をつけたり。

モーハウスに単身時代に取材や見学にいらっしゃる女性が
その後赤ちゃんを産むと、ほぼ確実に母乳で子育てされているのも
きっと私たちのスタッフの様子を見たり話を聞いて
「母乳って誰でも出る物なんだ」という自信をつけたのでしょうね。
おっぱいマッサージをさぼっちゃって・・などと申し訳なく思う必要はないわけです。
モーハウスにはおっぱいのメカニズムをわかりやすく解説したブックレットもあります。
どうぞ参考に。
もちろん、ショップでスタッフの様子を見ていただくだけでも自信が持てると思いますよ。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ