Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

フランスの母乳率

先日、フランスからの取材を受けた際、
フランスの母乳率の低さについて、少し書きました。
外出に不便だとか、スタイルを気にして母乳を選ばれない方が多いとか。

国の保健省(Ministaire de Sante )でも
「我が国の授乳率は諸外国と比べて極端に低い。
乳児の健康を配慮するなら、授乳率をもっと高めなくては」
と懸念していたほどだそうですが、
どうやらここ数年、少し風向きが変わって来たようです。

今回、フランスからのインターンシップの先生が来日された際に
実際のところを伺ってみました。

先生のお嬢さんも、今子育て中だそうですが、彼女も母乳。
そして、その方も含め、大学の周辺の女性は、皆母乳だとのこと。
どうしてか・・?と伺ってみると。

「母乳の方が自然だし、体に良さそうだからみたいよ」というシンプルな答。
フランスも、世界的な自然・オーガニック志向の影響があるのかもしれません。
フランスは出生率も上がっているし、何か関係があるのかしら・・。

もともと、お母さんの主体性が大事にされる国。
意識が変われば、出生率のようにさらに母乳の人が増えるかもしれませんね。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ