Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいのキズ

おっぱいのキズ。
痛くて授乳も苦しい時ってありますよね。
そんな時、どうしたらいいのでしょうか?

キズが治るまでおっぱいを休んでしまい気持ちにもなりますが
できるだけ体に「母乳を作ろう」というサインを送るためにも、
授乳は継続しておきたいもの。

一つには乳頭保護器というものもあり、私も使ってみたことがあります。
一つの選択肢ではあるし、うまく使えれば楽という声も聞くのですが、
赤ちゃんからすると、いつもと感覚が違うのかうまく飲んでくれない。

もう一つは、搾乳した母乳を赤ちゃんに飲ませる方法。
搾乳機であれば、直母よりは痛みがありません。
ただ、気を付けてほしいのは、赤ちゃんが混乱しないよう
飲ませるときには、できれば哺乳瓶は使わないことが望ましいです。
コップやカップフィーディングのような器具で飲ませるといいでしょう。
また、搾乳機も、モノによっては乳首への負担が大きいので
良いものを選びましょう。
(私も安い搾乳機で失敗した経験あり!)

そして、キズの保護によく使われるのは、馬油やランシノーといった
自然由来のクリーム。
ランシノーは羊、馬油は馬由来の油ですが、
医療関係ではランシノーを勧められることが多いようです。
馬油より溶けにくいので、より保護機能が高いということでしょうか。
世界的な母乳支援団体LLL(ラ・レチェ・リーグ)でもランシノーは以前から勧めています。
いずれも、胸だけでなく、肌荒れややけどなどにも使えるようですから、
用意しておいても無駄にはなりませんね。

あとは、キズに当たらないような角度で授乳するのもおすすめです。
いつもと違う抱き方・・たとえば、フットボール抱きなどで、歯茎が当たる場所を変えるわけです。

キズは確かに痛いけれど、うまく乗り越えて、
楽しいおっぱいライフを手に入れてください。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ