Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

竹中恭子上席研究員 レポート 授乳姿勢における乳房の立体構造についての考察

授乳姿勢における乳房の立体構造についての考察

 授乳姿勢は、近年「正座して子の目を見て」などと言う指導は少なくなり、「楽な姿勢でリラックスして」が近頃の傾向である。授乳手ぬぐいの図案の例を見るまでもなく「添い乳」「四つんばい授乳」「アクロバット授乳」など今や何でもありの自由さがあり、誰でも何でも出来るかのように見える。しかし、そこには個人差と呼ぶには大きすぎる物理的条件が存在していることを忘れてはならない。言うまでもなく乳房の高低差からくる授乳困難の問題である。

例えば大きな乳房をもつ母は、子を膝に抱いて上を向かせれば、口に乳首をくわえさせることが可能であるが、そうではない母は、壁によじ登らせるがごとく、垂直に近い胸に子の口をもって行かざるをえない。そのため、手首を酷使し、腱鞘炎になる例が多く見受けられる。また、添い乳に関しても、横になりさえすれば乳首が子の口に届くのは、乳房が立体的な構造を持っている母のみ可能であって、そうではない母の場合は、切り立った壁のごとき自分の胸に対してやはり手首を使い、子の口元に自分の乳首を近づける努力が必要になる。また、構造的に乳房の高低差があまりない母の場合、例外なく前かがみになっての授乳になるため、添い乳スタイルでも、言われているほどの楽は出来ない。しかもこの高低差はきわめて個人差が大きいため、理解を得られるケースは少ない。

四つんばい授乳の場合も、乳房が房状にたれるほどの立体性がない母は、子の口に自分の乳首を近づけるためにかなり無理な姿勢をとることが多く、「腕立てふせの途中経過的な苦しい授乳姿勢」を多く経験しているが、立体性のある胸の母には理解できないことが多い。筆者の場合も、構造的に高低差がほとんどない乳房だったために、しこりや乳腺炎対策に有効なこの授乳姿勢を実践し、結果、腕立てふせの途中経過的姿勢を多用し、腹筋と腕力が鍛えられた経緯がある。しかしながらそうしたかなりの労苦に対して、総じて世間の反応は鈍く、以下のような言葉かけが多く見受けられる。括弧内はこちら側の心の叫びである。

「クッションを使ってみて。あれ?どうしてそうなるの?」(もっとクッション高く積む必要あるかも!)

「そんなに前かがみにならないと抱っこできない?姿勢よくして胸を張ってみて」(さっきから精一胸、張ってますけど!)

「顎が苦しいでしょう。そんなに真下を見なくてもいいんじゃない?」(真下を見下ろさないと子どもが見えないんです!)

筆者は同じ悩みをもつ母同士連帯し、育児サークル時代に「ぺチャパイ問題研究会」を主催した経験があるが、そこでは皆それぞれ涙ぐましい努力を披露しあい、快適授乳生活のさまざまな工夫を語り合ってきた。今も変わらず相当数の、乳房の立体構造による授乳姿勢の違いについての母の悩みは存在すると思われる。多くの同胞の総意工夫と日常の努力に対して最大限の敬意と感謝を捧げつつ、「授乳姿勢における乳房の立体構造について」の考察レポートを終わりたい。世間に広くこの問題の存在を提起し、立体的な乳房の構造の方々とそのご家族、またこの分野にご興味のない諸兄にも、授乳姿勢における乳房の立体構造についてご理解いただければ幸いである。

ちなみに「ぺチャパイ」の定義であるが、ブラジャーのサイズでいうところのAカップの高低差(トップとアンダーの差)が10センチ。それ以下のAAカップ→高低差8センチ、AAAカップ→高低差6センチ、AAA´(トリプルAにダッシュが付く)→高低差5センチ以下。この8センチ以下を総称して「ぺチャパイ」と呼ぶのが一般的と思われる。なお、これは俗称であって医学用語でも母乳育児用語でもないことは勿論である。

                                                          AAA竹中恭子

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ