Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

青葉室長 研究レポート#4歯医者デビュー・・・そして

第4話 歯医者デビュー・・・そして

人生ではじめての歯科治療に遭遇するちいさな患者さんを見るにつけ思い出すことがあります。

ある年齢を境にこどもはトラウマを持つものの、それより下では嫌な思いも忘れてくれる時期があると医局の時代に教わりました。

だから3歳3ヶ月あたりを境に、それより下の年齢では僕はイケイケどんどんで治療を進めていたら、あるとき歯科衛生士の主任Sに

"先生のやり方では2回目以降こどもが怖がります。"

とお説教されました。

初見なのだから、まず、こどもに歯医者とはどういうところなのか?から判りやすく、怖がらせること無く説明するところから始めるべきだと言うのです。

"我々スタッフに任せてください"

とも言われ患者さんを取り上げられてしまいました。

しかしなるほど見ていると実にうまく導くものです。

僕は、よく歯科医師は『泣いた赤鬼』の青鬼役でスタッフは赤鬼役とも考えていましたがそうでもなさそうです。

以来僕もはじめにこどもの口に接する時はハブラシを使います。

それを見て"磨いてこなくてすみません"と恐縮する母親がいますが真意はそうではありません。

初めてのこどもに、歯医者は口の掃除をするところだよ、と教えてあげるのに歯ブラシはいい方法なのです。

 青葉こどもと親の歯科医院ではこどもの心の動きを見るために病院保育士が常駐しています。

その保育士Hにこどもに対する心構えをとくとくと説かれたことがあります。保育の世界ではこどもが嫌がることを避けて通ることは出来ません。

トイレ・トレーニングもお洋服を自分で着ることもはじめは出来なくて嫌がる事。それを何回も訓練させて、失敗もあるけれど、出来たら褒めて認めてあげて、そうやって克服させるのである、と。歯科治療もそれと同じことだというのです。

驚きました。

なるほど「痛く無いよ、見るだけだよ」と謀って痛い目にあわせて「歯医者はうそつき!」とこどもが思ったとしても、それは年に数回の非日常であって、たまのでき事だからねとごまかしてはいけません。

親もしらっとして、良いとこに行こうね〜!とか、頑張ったらご褒美を買ってあげるよ〜 とか、だまして歯医者に連れて行って、終わると知らんフルをするようではダメです。

そんな苦い思い出を引きずった子がやがて成長して、その時のトラウマが原因で歯医者になかなか出向かない行かない大人になってしまうと結局その子が一生損をしてしまいます。

歯医者は痛いから嫌いなんじゃありません、大好きなママが歯医者ネタで嘘をついたから嫌いになったんです。だからって包み隠さずリアルに痛さをこどもに伝える必要はありません。

ただ、"病気になっちゃったんだから治療は頑張ろうね。痛いこともあるかもしれないけど頑張ってね。"と頑張らせましょう!

詳しく何をするのか?と突っ込まれたら

"ママもわかんな〜い、何するか先生に聞いてみようね〜"

でいいんです。人生80年の時代に歯周病のケアをしないで最期まで過ごすことは出来ません。

"病気になっちゃったからしょうがないね。でも頑張ったよ、偉いね。"

そう、こどもに、そして密かに自分にも言い聞かせてください。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ