Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

1秒でおっぱい

先週は、母乳110番&マンガ家・すずきともこさんと何度もお会いしました。
いいお産の日(11月3日、10日)のための小冊子の打合せで
総計10時間くらい話したでしょうか、そこで出たのが「1秒」の話。

私が彼女と初めて会ったのは、よこはま自然育児の会での私の講演の時のこと。
話の中で、いちばん印象に残ったのが、
「1秒でおっぱいがあげられる授乳服なんです」という言葉だったそうです。

飲ませたり、相談を受けたりと、20年来おっぱいと付き合っている彼女によれば、
1秒で飲めることって、とても大きなことなんだそうです。

たとえば、
・赤ちゃんを待たせない
・赤ちゃんが泣く前に母乳があげられる
・周りの人が気が付く前にあげられる
・いつでも飲ませることができる安心感で母親に余裕ができる
・その結果子どもも安心して、落ち着いている

確かに「1秒」というのは、その動きを意識しなくてもいいレベル。
それがおっぱいの本質なんじゃないかなと、私も思います。

授乳服使い始めで、まだ3秒かかるんです―という方も、1秒の世界は、すぐそこ。
ぜひ、そんなおっぱいライフを体験してくださいね。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ