Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいはえらいこと?

「母乳で育ててます」というと、よくこんな返事が返ってきます。
「えらいわねえ」「がんばってるね」「すごいね!」

こう言われて悪い気はしないですけれど、
でも、ホントに、おっぱいは、がんばらなくちゃならないくらい大変なこと?
めんどうなこと?すごいこと?えらいこと?

私は、おっぱいはそんな風に特別にとらえることではないと思います。
なぜなら、おっぱいは生活の一部だから。

生活を構成するいろいろなこと――たとえば、食事、歯磨き、お風呂などは
大変なこと、面倒なこと、すごいこと、でしょうか?
それらは、そんなに大げさに考えることはないし、
回数を数えることでもない、無意識のようになされる生活の一部です。
(それらを楽にしたり、心地よくしたりするいろいろな工夫や方法はありますが)

母乳育児も同じです。
より自然体で、より楽に、より楽しく、
社会とともに母乳生活が送れるといいですね。

余談ですが、私の実家・岡山など東海から西日本の方言では、
「えらい」は「しんどい」「たいへん」という意味なんです。
なんだか「偉い」ことは「しんどい」ことにつながりやすいのかも。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ