Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

乳神様 おっぱい守


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

丁寧に作られたお守り

札幌の小児科医にして、母乳の第一人者・瀬川先生ゆかりの、おっぱい関係コレクションの数々。
話題が多くてご紹介が途切れましたが、
今日はもう一つご紹介します。

北海道十勝郡の浦幌神社のお守りで、
ナラの木から一つ一つ手作りで作られているそうです。
お土産として、先生からいただいたのですが、その美しさに大興奮。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

横から見てみる

おっぱい型に、どの角度から見てもきれいに作られています。
美しい?。
ご祭神は、乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)だそうです。

お守りに同封されている由来によれば、
「大正の中頃、浦幌町瀬多来の山奥に1本のナラの大木がありました。
この木の幹には、女性の乳房に似たコブが2つ付いていました。
ある日、老婆がこの木を見つけ『孫のため、母親に乳を授けて下さい』
と一心に祈願したところ、願いが叶えられたというのが乳神信仰の始まりです。
現在は、そのコブが現存し乳神神社でおまつりしております。
道内や道外からも「乳神さん」の名で親しまれ、広く信仰を集めております。
乳神様は、母性のやさしさで心と体を癒してくださる神様です。」

境内には、乳石なるものもあるようで、触れるとご神徳が授かるとか。
例祭は、5月21日と9月21日。
一度お参りに行きたいですねえ。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ