Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

パジャマとおっぱい

今日、親しい作家の方から電話が入りました。
「授乳用パジャマ出したんだって?」という話。

どうして出したの?と言われて、はた、と考えました。
確かに、「パジャマ出してください」と
多くの方からリクエストはありましたが、どうして出したのか。

私は「商品は、何らかのメッセージを発信している」と思っています。
たとえば、授乳服は、「社会の中で子育てしようよ」というメッセージだし
モーブラは「こころもからだも楽でいよう」というメッセージなのかも。

それなら、パジャマ(リラクシングウェアというのが商品名)は、
どんなメッセージを発しているのかといえば。
私がそのとき、頭に浮かんだことは、二つ。

一つは、「寝ながら授乳していいんだよ」ということ。
母乳だと、夜、なんども起こされるからたいへん、と思っている人が多いけど、
別に起き上がる必要はないし、
リラックスして寝ながらおっぱいをあげればいい。

そもそも、おっぱいって、
お母さんにもリラックスをもたらすものですからね。
それが伝わるといいな、というのが一つ。

それから、もう一つは「出産はゴールじゃなくてスタート」ということ。

お産で入院の時に、皆さん、パジャマを持って行きますね。
その多くは、マタニティ用。
そして、ゴールは、出産です。

お産の時にこのパジャマを持って入院してほしいと
私たちは思っているわけですが、
このパジャマのゴールは、出産ではありません。

出産からおっぱいも育児も始まります。
出産はスタート、それも楽しいスタート。
たぶん、これが私たちのパジャマのメッセージなのかなと思います。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ