Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

モーハウススタッフの妄想

新入社員が入ってしばらく経つし、
震災からもまもなく3か月。
そろそろ、モーハウス恒例のワークショップを社内で開こうかなと思いつき、
以前のワークショップの記録を久々に開いてみました。


将来の夢、として上がった項目。

たとえば、こんなの。

モーハウス印のおっぱいクッキーを作ってつくば銘菓にする。
おっぱい神社。
おっぱい体操を作る。
アラーキーに撮ってもらって授乳写真集を企画
プチ子連れ授乳海外留学
ブルータスおっぱい特集号...

相変わらず妄想に歯止めがかかっていません...。
一応業務の一環で行っている、研修、なんですけどね。

とはいえ、彼女たちが考えるおっぱいって
こうしてみると、
性的なもの(エッチな意味でのおっぱい)にはもちろん、
聖なるもの(母性の象徴としてのおっぱい)にもなっていないよなあ、と改めて思います。

女性たちを外からしばってしまうのが、性的なとらえ方だとすれば、
聖なるものとしてのとらえ方は、女性たちを内からしばってしまう。

と考えると、こうしたスタッフたちのオタクなとらえ方というのは
私たちが目指す、らくらくおっぱい、という視点からして、
うん、悪くないよ、と思えるのです。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ