Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいで、頭は良くなる?悪くなる?

頭が良くなる、悪くなる、といっても、
早期教育じゃなくて母親の方のお話。
(とはいえ、子どもの頭を良くするために母乳!という方も
いらっしゃるようですが)

育児中って、なんだか頭が記憶力が落ちてる?とか
頭が悪くなったみたい?と、感じた経験、ありませんか?

おっぱい期間中、分泌が抑えられるホルモンに、エストロゲンがあります。
このホルモン、最近ではアルツハイマー初期の治療に有効と言われていますから、
エストロゲンの減少と、記憶力、もしかすると関連があるのかもしれません。

ところが、です。
一方の、授乳中増えるホルモンのひとつ、オキシトシン。
こちらは、記憶の中枢「海馬」の機能を高めることが明らかになってきたのだそうです。

また、オキシトシンは、母性をはぐくむホルモンとも言われ、
コミュニケーションや信頼感に大きな影響を与えます。

まだまだ解明されていないことも多いですが、
こう考えると、おっぱい時期は、頭が悪くなる、というよりも
頭の使い方の質が変わるのでは?と思えますね。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ