Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

おっぱいを飲む本能

カタログの撮影で、生後2週間(!)の赤ちゃんに会って
あるビデオを思い出しました。
一部の人たちの間ではかなり有名なビデオらしく
私も、母乳に詳しい先生に教えていただいて
いっとき、イベントなどでご紹介していたものです。

生まれたばかりの小さな小さな赤ちゃんカンガルーが、
母親がおなかから袋までなめた匂いを頼りにして這いのぼり育児袋に入る。
聞いたことありませんか?

これと同じようなことが人間でも起こるのです。

生まれてすぐの赤ちゃんを、お母さんのおなかの上に置いてやります。
すると、自力で這って胸までたどり着き、おっぱいを飲むのです。
数分間の短い映像ですが、とってもインパクトあります。

おっぱいがどこにあるのか、まだ目もよく見えない赤ちゃんが
方向をちゃんと知って動き出す。
誰に教えられなくても、ちゃんと飲める。

赤ちゃんの本能、というか、やっぱり人間も動物なんだなあと思える映像。
自然におっぱい、というのが、本来は自然の姿なんでしょうね。

なお、もしも試されるときは、ドクターや助産師さんに
ついていただいて下さいね!
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ