Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

産まれたら

ヒトも動物である以上、本来は母乳は出る人がほとんどなのですが、
それをスムーズにするには、いくつかコツがあります。

雑誌業界では、春と秋は、出産シーズンということになっているので、
これに倣って、今日は、出産の際のポイントを少し。

1.産まれてから30〜60分以内に授乳
2.24時間以内に7〜8回授乳

ヒヨコが、最初に見たものをお母さんと認識する「刷り込み」ってありますね。
それと同様と考えるといいと思います。

1は、産まれてから早い時期に、お母さんのおっぱいを認識させるため。
2は、お母さんの体に、母乳を出すスイッチを入れるため(ホルモンの分泌ですね)。

もちろん、病院のシステムや、赤ちゃんの状態によって
これが叶わないケースもあるでしょうが、
可能な範囲で、あるいはあらかじめお願いしておくことで
これに近づくことができれば良いと思います。

私などは、長女のときにはぜんぜん知識がなかったので、
初めて直接母乳を飲ませたのが、生後2週間以上経ってから(入院していたもので)。
おっぱいを拒否されてしまって「この子はおっぱい嫌いなんだわ」と
思ってしまいましたが、つまりは彼女には刷り込みができてなかったんですね。

その代わり、暇で何度も搾乳していたので、たくさん出ました。
一日7〜8回の授乳、はクリアしていたわけですよね。

あまり頭でっかちになることはないのですが、
これだけのことで、より楽に母乳生活に入ることができますから、
一応知っておくといいかな?と思います。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ