Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

外に出ること、出られること

連休には、助産学会でシンポジウムに出たのですが、
会場から質問を受けた際に、質問、というか、コメントをいただきました。

その方は、助産師さんで、ご出産前から母乳の専門資格も取られて
母乳の相談にも乗られて、というベテランの方。

なのに、遠方に引っ越されてからのご出産。
すると、やっぱり出産後は、赤ちゃんを連れて出かけることが
なかなかできなくて、
出かけられない言い訳探しをしてしまって
(寒いから、とか、まだ小さいから、とか)
どんどんつらくなっていったのだそうです。

それを救ってくれたのがモーハウスの授乳服です、と。
どうしてもお礼が言いたくて、と、出てきてくださったのです。
(とても嬉しかったです!)

知識も技術もしっかり持たれている助産師さんでさえ
家に閉じこもってしまうことでこんなにつらくなるんですね。
そして、外とつながれることで、こんなに気持ちが変わるんですね。

閉じこもってしまったら、母乳のこと、育児のこと
考えすぎてしまってつらくなってしまうのは、たぶん当たり前。

どんどん外に出ましょう。
実際には外にでなくても、出られる、と思えるだけで違います。
そんな環境を、自分に整えてあげてください。

たぶん、これが、心への母乳支援、母乳ケアなのかなと思います。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ