Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

保育園と断乳

2月になりました。
そろそろ職場復帰に向けてご相談が多くなる時期です。

この時期多いのは、保育園に預けるので、断乳しなくてはというご相談。
で、たいていこういう会話になります。

助産師「お母さんや赤ちゃんは、もうおっぱいを終わりにしたいと思ってるの?」
ママ 「え、でも保育園に預けるなら、母乳はやめなきゃいけないですよね。」
助産師「夜だけ母乳という形で続けてもいいんですよ」
ママ 「ホントですか? それだったら本当はまだ断乳したくはないんです」

というわけで、この時期の断乳の相談は、実は
「そうしなくちゃいけない」という思い込みによるものがほとんど。
この会話で、ホントはまだ止めたくなかったと気が付き、
「やめなくてもいいんですね」と、涙を浮かべる方も。

「保育園からそうするように言われたので」という方もいらっしゃいますが
たいていは「母乳以外のものも飲める、食べられる」ようにしてね、という意味。
夜だけ授乳など、いろんな方法があるのです。

断乳しかない!という先入観、ちょっと取り払ってみてくださいね。
もちろん、お互い卒乳するのが良い時期であればいいですが
そうでないなら、赤ちゃんを預けるからこそ母乳、と、私は思います(そのあたりは次回)。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ