Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

快適授乳姿勢技(スリング授乳)

快適な授乳生活を送るにあたって必要なのはテクニック。

授乳姿勢は何通りもありますが、まったく知られていない姿勢技や、

とても有益なのに伝承する場所が限られているのが現状。

中には、授乳生活開始の時点で姿勢技一つも知らないままお産を迎える、という事例も多々あります。

そのため、快適母乳生活研究所では、

快適授乳姿勢技を整理分析することとします。


「スリング授乳」とは、スリングの中ですべてを遂行する。あかちゃんもオッパイもスリングの影にすれば外に出さずにそのまま授乳させるスタイル。

ほぼ腕を使わず、さらに布の中ですべて遂行するため、外部から乳の露出が少なく、外出先、通勤通学時の公共交通機関でつり革に捕まりながら授乳することも夢ではない技です。


ぜひ、マスターしましょう。


スリング授乳をする際に必要不可欠なのが、名前の通りスリングです。

この場合長さが調整できるタイプとできないタイプでは、不慣れな場合は調節できるタイプをお勧めします。

もちろんチューブ型、リングなしタイプでもスリング授乳は可能です。


「スリング授乳」は決まった体勢があってないようなもの。


赤ちゃんの姿勢だけでなく、お母さんにも負担がかからないことが大切。


あかちゃんの頭の位置がおっぱいをラッチオンするのに適切な高さにスリングを調整する。

調整できないスリングの場合は、その位置まであかちゃんをずらして配置します。


すかさず吸い付かせばできあがり。


腰が据わっていない低月齢の赤ちゃんは片方の乳のみでの授乳となりますが、スリングですでに腰が据わって据わるように抱いている場合は窓ふきのゴンドラのように上下の位置を調節し、あかちゃんのラッチオンが可能な高さに合わせれば授乳が可能となります。

反対側に関してはお尻の位置をずらす、もしくは振り子時計のようにあかちゃんの頭だけを反対側に移動して授乳します。


これをマスターすることによって、腕の力に頼らない授乳が可能になり、腱鞘炎の防止にもなります。そして、外出先での授乳も怖い物がなくなるため、ぜひ技を磨いてどこでもお忍び授乳できるよう日々鍛錬してください。


お忍び授乳オプション:

スリング授乳をする際、特に外出先である場合は、授乳服を併用することで、さらに気づかれず自然な形で授乳することが可能になります。

サイドスリット、カシュクールタイプがもっともスリングとの相性が良い、との報告もありますが、レイヤータイプ、アンサンブルタイプでも可能です。

 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ