Home

〔世界のおっぱいから〕韓国出産/母乳育児レポート#1
【おっぱい百話】 おっぱいとマッサージ
【おっぱい百話】 おっぱいと引継ぎ
【おっぱい百話】 おっぱいと仕事復帰
【おっぱい百話】おっぱいと卒業旅行
【おっぱい百話】 おっぱいと液体ミルク
【おっぱい百話】 おっぱいと甘酒
【おっぱい百話】おっぱいと子どもの成長
【おっぱい百話】おっぱいと抱っこひも
【おっぱい百話】おっぱいと子連れ出勤のテレビ

電車や飛行機でのおっぱい

飛行機の離着陸。
気圧の変化に耳がきーんとなり、赤ちゃんが泣いてしまいやすい瞬間です。
ところが、この時、お母さんもシートベルト着用で動きが取れません!

満員の新幹線などの中。
いつもと違う様子に赤ちゃんも落ち着きませんね。
移動時間が長ければ、その間におっぱいの時間はやってくるでしょうし
しかも満員だったりすると、目立たない場所への移動もままなりません。

そんな時、お母さんが「お願いだから泣かないで!」と緊張していると
その落ち着かなさは、赤ちゃんにも伝わるもの。
こんな時の授乳服です! 大丈夫、どこでもおっぱいはあげられます。
安心してゆったりと赤ちゃんを抱いていてあげましょう。

そして、赤ちゃんが不安そうな時や、おなかがすいてしまった時。
何度でもおっぱいはあげてかまいません。
そろそろ泣きそうだな、と思ったら、周囲の人が気がつく前に。
隣に知らない人が座っていても、大丈夫!

こうした場所での授乳は、いつも以上に手品のような手早さがポイントです。
「赤ちゃんが大泣きして、周りの人の気をひかないうちに」
「赤ちゃんが、落ち着いて吸い付ける余裕があるうちに」

赤ちゃんがおっぱいをくわえる瞬間(約1秒)だけ、ちょっと気をつければ
あとは、赤ちゃんの頭と服で、自然に胸は隠れます。
安心しておっぱいを飲ませてあげてくださいね。
 
Mo-Houseとは? / ネットショップ / 青山店&取扱百貨店 / コミュニティ  / 会社案内  / お問合せ